唯一ノ趣味ガ読書デス

ハードボイルドや刑事モノばっかりですが、読んだ本をご紹介。

あさのあつこさんの「花を呑む」を読む。

抜き身の剣呑さを懐に飲むふたりの男。

 

一人は、北定町廻り同心、木暮信次郎。

そして、もう一人は、かつて、人を斬る暗殺者であった

遠野屋清之介。

 

あまりに違い、あまりに似た、この二人の因縁は、

いつまで続くのだろうか。

 

二人が対峙する場面は、いつでも息苦しい。

しかし、その息苦しさを少しでも和らげるのが、

信次郎につかえる岡っ引きの伊佐治の存在だ。

 

暗く、重い、信次郎と清之介のあり様とは対照的な存在。

 

唯一、まっとうな考え方をし、二人の危ういバランスを

なんとか保つ役目を果たす。

 

だが、この伊佐治も、二人との付き合いを続けるうち、

危うさに飲み込まれそうになっているのではないか。

 

なにしろ、信次郎に魅せられ、離れられなくなっているのだから…。

 

清之介にしろ、伊佐治にしろ、

その視点で心模様が語られるのだが、

信次郎の内面は、見ることができない。

このことが、どうも、座りの悪い気持ちにさせられる。

 

ともかく、微妙なバランスを保ちながら、三人の男たちは、

江戸の町で起こる事件に挑んでいく。

 

 

老舗の油問屋、東海屋の奥座敷で怪異が続く。

鏡台の奥から髪の毛が出てきて、女中の手にからまったり、

女の幽霊が現れたり…。

 

その直後、主の五平が異様な死体となって発見される。

 

外傷はないものの、口の中に大量の牡丹の花が詰め込まれていた。

そして、座敷には、甘い香りが漂っている。

 

五平には、外に囲った女、お宮との別れ話が出ており、

下手人としてお宮の名があがるが、

お宮は、牡丹の花の下で自害していた…。

 

 

花を呑む

花を呑む

 

 

 

 

 

宮部みゆきさんの「三鬼 三島屋変調百物語四之続」を読む。

宮部みゆきさんの時代小説で活躍する女の子たちが好きだ。

 

おきゃんで、気が強く、ちょっとやそっとではへこたれない。

だが、心優しい彼女たち。

 

中でも、「ガンバレ」と応援に力が入ってしまうのが

「霊験お初捕物控」シリーズのお初。

 

賢くて、かわいくて、タフな女の子だ。

 

そして、「三島屋変調百物語」シリーズのヒロイン、

おちかも、忘れてはいけない。

 

もともと、川崎、旅籠の娘だったが、

辛い出来事があり、自らを責めて、前を向くことをやめてしまった。

そんなおちかを心配する江戸の叔父は彼女を引き取り、

そして、ある出来事をきっかけに、

江戸の怪奇話を聞き取る役目を、おちかに言いつける。

 

三島屋の「黒白の間」で繰り広げられる百物語。

聞いて聞き捨て、語って語り捨てが唯一のルール。

 

客は、他者には見せたくない、だが、一人で抱えているのは

辛すぎる、そんな物語を吐き出す。

 

この作品は、その4作目。

 

「迷いの旅籠」「食客ひだる神」「三鬼」「おくらさま」の

4編が収録されている。

 

悲しい、切ない部分がある語りの中で、

「食客ひだる神」は「あんじゅう」を思わせ、

愛おしい、ほのぼのとした感覚が心に残った。

 

 

三鬼 三島屋変調百物語四之続

三鬼 三島屋変調百物語四之続

 

 

 

 

 

 

中山七里さんの「ネメシスの使者」を読む。

クセ者、渡瀬警部、そして岬検事が登場する。

 

これまで、さまざまな社会問題をテーマに扱ってきた

作家さんの作品で、今回は死刑制度。

 

死刑を逃れた凶悪犯の家族が惨殺される。

殺害方法は、その凶悪犯がかつて起こした事件を

踏襲したものだった。

 

現場には「ネメシス」というメッセージが

残されている。

 

「ネメシス」とは「義憤」を意味するが、

「復讐」と解される場合もある。

 

復讐なら、過去の事件の関係者による「報復」なのか。

それとも、司法制度に対するテロなのか。

 

渡瀬と古手川、岬が、犯人、そしてその真意を追いかける。

 

渡瀬シリーズを読むたびに思う。

彼は、実にブレない。

そのブレなさが、安定感を引き出し、

どんな状況になろうと、安心して読み進めていける。

 

渡瀬警部に任せていれば、間違いない、と。

 

 

事件に巻き込まれなければ、その渦中の人の想いは

分からない。

 

加害者と被害者家族。

「目には目を、歯に歯を」。

それで、納得というものは得られるのか。

それで、けじめをつけるしかないのか。

それ以上の落としどころはないのか。

 

どう考えても、答えは出ない。

 

 

ネメシスの使者

ネメシスの使者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大山淳子さんの「原之内菊子の憂鬱なインタビュー」を読む。

なで肩で、お尻のどっしりしたオバサン体型。

おたふく顔の原之内菊子。

 

だが、彼女には、特別な才能があった。

 

彼女の顔を見るやいなや、人は自分のことを

しゃべりたくて、しゃべりたくて仕方なくなるのだ。

悩み、グチ、何もかも…。

 

そのために彼女はトラブルを抱え込み、

職を転々としていた。

 

天ぷら屋でアルバイトをしていた彼女を見染めたのが、

弱小の編集プロダクション「三巴企画」の戸部社長だった。

 

彼女に会うと、人はベラベラと話をしたがる、

それは、取材記者として、ドンピシャじゃないだろうか。

 

そして、三巴企画の唯一の社員、桐谷俊、

生真面目で融通がきかない童話オタクの彼も

 彼女の魔術にかかった一人。

 

菊子に心の内をさらけ出し、また、

彼女を取り巻く人々の変化を目の当たりにするうち、

彼自身も変化していくことに気づく。

 

さて、三巴企画のインタビュアーになった菊子は、

やくざの組長の取材に出かけるが、

とんでもない事件に発展して…。

 

ストーリー半ばまで、菊子より戸部社長のキャラが際立ち、

菊子自身や心のうちの輪郭がぼんやりして、

物語に引き込まれるまでにはいかなかった。

 

 

人は胸の内、悩みやグチ、本音やたまった毒素を

人に向かって吐き出せば、

吐き出した人は楽にはなるだろう。

だが、本当に、楽になるのだろうか。

 

本音を漏らしたことを後悔しないのだろうか。

 

また、「話され症」の菊子に、

人々の「語り」は溜まっていかないのだろうか。

 

余計なことを考えてしまった。

 

 

原之内菊子の憂鬱なインタビュー

原之内菊子の憂鬱なインタビュー

 

 

 

 

日明恩さんの「ギフト」を読む。

レンタルビデオ店の店員、須賀原は、

ある棚の前に立ち一点を見つめる少年に目を留める。

 

彼は毎日のように来ては、棚に置かれたDVD、

映画「シックスセンス」を見つめ、そして、

静かに涙を流していた。

 

須賀原はある日、街でその少年をみかける。

 

彼は、横断歩道の信号待ちをしていたが、

突然、何かから逃げるように道路へ飛び出す。

 

思わず少年の腕をつかんで引き戻した須賀原が

見たものは…。

 

顔と体の左側が砕け、血を流す老女が目の前に現れる。

それは、普通の人間にはありえない死者の姿だった。

 

その少年には死者が見えるのではないか、そして彼に触れた自分にも。

 

その日から須賀原は、ある目的をもって彼に近づいていく。

 

須賀原は警察官であったが、刑事時代、

自転車泥棒をしようとしていた少年を追いかけ、

事故死させてしまうという過去があった。

 

それ以来、苦しみの中だけで生きてきた。

彼に会い、あやまりたい…。

 

 

死者の見える少年と出会い、

現世にとどまる死者たちの抱える問題を解き明かし、

そして、見送るまでの6つのストーリー。

 

突然命を奪われてしまった死者、自ら命を絶った死者。

それぞれが思いを残して、この世を漂い続ける。

 

死に至っても苦しみから逃れることはできない人間とは、

なんと、業の深いものなのか。

 

だが、痛みや重さだけではない。

 

死者が見えることで苦しみを抱える少年と、

人の命を奪ってしまったことに苦しむ須賀原の

再生の物語でもある。

 

ギフト (双葉文庫)

ギフト (双葉文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋由太さんの「都会のエデン 天才刑事姉崎サリオ」を読む。

異形の警察官、姉崎サリオ。

 

「四十過ぎで、身長百八十センチ、体重百四十キロは

あると思われる相撲取りのような身体つき」の男。

そして、黒髪をおだんごにし、黒いワンピースを

身に付け、オネエ言葉を使う。と、くれば、

誰もが、あの超有名芸能人を思い浮かべる。

 

だが、その実体は見た目とかけ離れている。

 

国立大学を卒業。国家公務員採用試験に合格し、

キャリアとして警視庁に入庁した。

 

キャリアではあるが、警察官として優秀で、

抜群の検挙率を誇り、誰もが、彼を

「天才」と呼んだ。

 

だが、地方警察の公安部門に配属されてから、

相棒が殉職する。

 

その事件の後から姉崎は女装し、オネエ言葉を

使い、はぐれ者のキャリアになったのだという。

 

そして現在は、警視庁捜査一課きっての天才刑事ではあるが、

一種独特の存在になった。

 

 

前科持ちの男が、ビルの屋上から突き落とされて死んだ。

目撃者は多く、ほどなく犯人は逮捕される。

 

さらに、被害者、久野学の三歳の息子、和也が

行方不明になる。

 

父親の死に関連があるのか。

 

そして、不審な動きを見せる警備員の峰岸。

彼はかつて、「伝説」と呼ばれた警官だった。

 

捜査一課に配属になったばかりの新米刑事、

緒方孝太郎は、男児行方不明事件の捜査本部に召集される。

 

だが、向かわされたのは姉崎サリオが班長の特捜班。

しかも、部下は孝太郎一人だけだった。

 

その日から、孝太郎は姉崎に振り回されながら、

一課の刑事としてはじめての事件に取り組む…。

 

ギャグっぽさ満載のストーリーだが、

それだけで終わらない。

 

借金、貧困、貧困から生まれる犯罪、

犯罪者家族のインターネット晒し…。

そうした悲劇がまた、新たな犯罪を生む。

 

悲劇の渦に巻き込まれた人々の生き様は、

言葉にならないほど厳しく、切ない。

 

 

都会のエデン: 天才刑事 姉崎サリオ (光文社文庫)

都会のエデン: 天才刑事 姉崎サリオ (光文社文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東直己さんの「半端者」を読む。

呑んだくれの「ごく潰し」。

ススキノを、はしご酒しながら、スイスイと泳いでいく。

 

ススキノの便利屋探偵<俺>の若き日の物語だ。

 

北大生の<俺>だが、その後の<俺>は、

この頃と殆ど変わらない。

 

高田や、周囲の飲み屋との付き合い方にも

変化はない。

 

変わったところがあるとすれば、

少しは度胸がついて、強くなった?

 

でも、潔いほど、生き方にブレはない。

 

トラブルに巻き込まれ、ススキノを走り回る

「今」のようなヒリヒリ感はないが、

厄介ごとに首を突っ込み、ボコボコにされたり、

「まだ、ガキだ」と落ち込んだり。

多少の初々しさがある。

 

降ってわいたようなラブストーリーもあり、

若い時代の尻尾のようなものが感じられ、

これはこれで、面白くもある。

 

近頃の<俺>シリーズでは、あまり顔を見せないが、

<ケラー>のマスターの登場シーンが多いのは

嬉しい。

 

時には鋭さを見せたり、若き<俺>に説教したり。

 

教育者ではない、こういう飲み屋のオヤジが

若者には必要かもしれない…。

 

 

半端者?はんぱもん? (ハヤカワ文庫JA)

半端者?はんぱもん? (ハヤカワ文庫JA)