唯一ノ趣味ガ読書デス

ハードボイルドや刑事モノばっかりですが、読んだ本をご紹介。

香納諒一さんの「蒼ざめた眠り」を読む。

ハードボイルドだからといって、

いつもいつも、スリルやサスペンスがなきゃダメというわけではない。

 

ストーリーは静かに展開していっても、

登場人物の生き様が切なかったり、

心に深くしみ込んでいったりと、

そんなハードボイルドもアリだろう。

 

どうも、主役に心が添っていかない。

なんとなく、うわすっべりで眺めている。

 

どの登場人物にも共感しないし、

思いれを持てない。

 

主役も過去に挫折の経験があるようだが、

それがもたらす影、引きずることで深まる謎なんてものも

ないし…、

 

最近、この作家さんの「幸」を読んだが、

あちらは、登場人物がなかなか魅力的だったから…。

 

廃墟ばかりを撮影するカメラマンの辰巳は、

地方の廃ホテルで、ある女性ジャーナリストの絞殺死体を発見する。

彼は、ひょんなことから、殺害された女性の元夫で地元の新聞記者、安昼から

事件解決の手助けを頼まれる。

 

最初は乗り気ではなかった辰巳だが、

相棒以上恋人未満の不二子が何者かに襲われ、

意識不明の重体に陥ったことから、

本気モードで事件を追うことになる。

 

 

蒼ざめた眠り

蒼ざめた眠り

 

 

 

 

 

 

 

 

大沢在昌さんの「天使の牙(上下)」を読む。

ボリュームは多いが、相変わらずスピード感のある

ストーリー展開で、読むスピードも落ちない。

 

脳移植を受けた後の「アスカ」より、

河野明日香に魅力を感じるから、

明日香を返して!と叫びたいところなのだが…。

 

脳が死んだ体(神崎はつみ)に、脳だけが生き残った

河野明日香を移植するというアイデアが興味深い。

 

心と体のバランスをなんとか取りながら、

それでも、犯罪者との闘いをあきらめないのは、

明日香の強いメンタルがあるからこそ。

 

そして、もう一つの魅力は、

明日香が愛する仁王こと、古芳。

まっすぐで、タフな刑事であり、

絶対に何とかしてくれるはずと、絶大な信頼を寄せてしまう。

 

アスカと仁王の最強コンビの活躍を、

まだまだ見ていたい。

 

麻薬組織「クライン」の壊滅に全力を注ぐ河野明日香と

古芳刑事。

 

そんな中、クラインのボス、君国の愛人である

神崎はつみが君国の元から逃げ出し、保護を求めてきた。

 

はつみと明日香はうまく接触したが、そこへ敵の魔の手が…。

 

 

 

 

天使の牙 上下完全版【上下合本】 (角川文庫)

天使の牙 上下完全版【上下合本】 (角川文庫)

 

 

 

 

小路幸也さんの「スローバラード」を読む。

<弓島珈琲>シリーズ。

 

「モーニング」から始まるダイとその仲間の物語、

というなら、4作目か。

 

大学時代の仲間が年を重ね、

家族を作り、そして、人生の折り返し地点を過ぎる。

 

変わらないものと、変わっていくもの。

 

年を重ねてバラバラになっても、

ダイを中心とした仲間たちの心の繋がりは変わらない。

 

変わらないと信じられる、

その絆の在り方が、うらやましい。

 

年を取ることは切ない。

 

だが、若い時を共有した「仲間」というものは、

再び集まれば、すぐに、その時代に

戻れるのかもしれない。

 

 

五十三歳になった<弓島珈琲>のダイのもとに

バンド仲間だったヒトシから連絡が入る。

 

息子の智一が、書置きを残して、

家出したのだという。

 

心配したダイは、刑事の三栖、純也らと

智一の行方を探し始めるが、

同じころ、やはり仲間の淳平の妻に

ストーカーが。

 

ダイたちが秘密にしていた

過去の事件がよみがえり…。

 

切ない「スローバラード」といったら、

忌野清志郎さんの名曲が思い出されて…。

 

 

スローバラード Slow ballad

スローバラード Slow ballad

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森晶麿さんの「そして、何も残らない」を読む。

<アガサ・クリスティー賞作家が放つ

現代版「そして誰もいなくなった」。>の

キャッチフレーズ。

 

その心づもりで読んだが、

登場人物になかなか共感しずらく、

ストーリー展開も上滑りし、

結末にも、「ン?」という感じで…。

 

この作家さん、好きなんだけどなぁ。

 

 

高校の卒業式を終えた上村真琴は、

中学校時代の軽音楽部の仲間から、二年前に廃校になった

母校に呼び出される。

 

その目的は、当時、軽音楽部を目の敵にし、

廃部に追い込んだ体育教師への復讐だという。

 

ここら辺の展開から、心がうまく乗っていかない。

 

外との連絡が断たれた廃校の中で、

集まった昔の仲間が次々に死体となる。

 

仲間が集められた真の目的とは…。

 

 

そして、何も残らない (幻冬舎単行本)

そして、何も残らない (幻冬舎単行本)

 

 

 

麻見和史さんの「永久囚人 警視庁文書捜査官」を読む。

同シリーズは、この作品が初読み。

 

文字、文章、小説などを分析し、

謎を解明していく捜査官。

 

活字中毒者にとっては、なかなか、興味深い設定だ。

 

ただ、もう少し、登場人物がキャラ立ちしても

いいんじゃないか。

 

探偵役の鳴海も、チームメンバーの矢代も。

そして、新人である夏目も。

くどいくらいのキャラでも、十分読ませるんじゃないかと。

 

ストーリーとともに、少々物足りなさが残った。

 

 

針金で縛られた男性の遺体が発見される。

左手の先には、血文字のメッセージがあった。

 

さらに遺品の中から、小説らしきものが見つかる。

それは「永久囚人」と題された奇妙な小説の

一部だと思われる。

 

しかも、全部で99巻存在し、

中みは、一部を除き、同じものだという。

 

事件の解明は、鳴海の解読にかかる。

 

そうするうち、さらに、同じ状況の遺体が見つかった…。

 

永久囚人 警視庁文書捜査官 (角川文庫)

永久囚人 警視庁文書捜査官 (角川文庫)

 

 

 

 

 

 

長岡弘樹さんの「赤い刻印」を読む。

人間の繊細な心の動き、哀しみ、憂い、

怒り、驚き、怯えが細やかに描き出されている。

 

この作家さんの短編には、いつも、唸らされる。

 

いつのまにか、思いがけない結末に導かれ、

それでも、違和感はなく、納得してしまう。

 

「傍聞き」に登場した母娘が再び登場する

表題作の「赤い刻印」ほか、3編。

 

中学三年の菜月は、刑事である母、啓子から、

自分には二人の母親がおり、実母はまだ生きているのだと

聞かされる。

 

そんな母のもとには、毎年春、お守りが届く。

送り主はわからない。

 

そして、物語は、ある事件への結末へと繋がっていく…。

(「赤い刻印」)

 

主人公の女子医大生が記憶障害に陥る。

医師になる道は閉ざされた。

だが、物語は淡々と続く。

 

一日一日、記憶をなくしていく彼女に

医師は日記を書くよう指示するが…。

(「秘薬」)

 

小さな謎が解き明かされる時、

心が動かされることに気づく。

 

 

赤い刻印

赤い刻印

 

 

 

 

 

近藤史恵さんの「わたしの本の空白は」を読む。

ある意味、恐ろしい物語だ。

 

目覚めると、そこは見知らぬ病室。

主人公、三笠南は、記憶をなくしていた。

 

そして、夫だという男が病室を訪れる。

 

夫に連れられて戻った家では、義母、義姉が、

思わせぶりな態度をとる。

 

誰も信じられないなかで、妹の存在だけが

南を支えてくれる。

 

そして、夢の中に出てくる男。

 

本当に愛しているのは、この男なのではないのか。

南の絶望感は、日に日に増していく…。

 

記憶喪失という、確かなものが一つもない状況では、

始めから終わりまで、不安な感覚に囚われ、

落ち着かない。

 

男と女の愛は、そもそも幻のようなものかもしれない。

記憶があろうと無かろうと、心もとなく、

不確かで、愛する心も愛される感覚も、

消えてしまえば、なかったことと同じだ。

 

 

わたしの本の空白は

わたしの本の空白は